気持ち発見トレーニング

忙しい現代人にとって、自分の気持ちや相手の気持ちを大切にするということはついつい忘れがちになってしまいます。ここでは相手の立場になって、相手が今どんな気持ちなのかを想像するトレーニングをやってみましょう。

日常会話とは、ビジネスで使われる情報のやりとりとは違います。日常会話は相手と自分の気持ちのやりとりです。心の交流こそが日常会話です。相手の気持ちや自分の気持ちを大切にできるようになるといいですね。


目的
・相手が今どんな気持ちなのかを想像する
・相手の気持ちを想像し、その気持ちを声に出して表現する
・気持ちに関する語彙を増やす
・感受性を豊かにする

やり方
1、数人のグループに分かれ円になる

2、順番に「○○のとき、どんな気持ち」という形でみんなに質問をする

「はじめて飛行機にのったとします。飛行機が動き出して陸から離れた瞬間、どんな気持ち」
「大学受験を控えた学生だとします。合格発表の日、掲示板に自分の受験番号を発見したときの気持ち」


3、そのときの気持ちを想像し、どんな気持ちか答える

4、実際にその役になりきって、言葉と体、顔の表情で、実際に表現してみる



ポイント
・単に『嬉しい』『悲しい』だけでなく、もっと的確にその人の感情を表現する言葉はないか考えてみる
・声に出して表現するときは恥ずかしがらずに役者になった気持ちで少しオーバー気味に表現する
・みんなが発表、表現できるようなあたたかい雰囲気をグループ全体で作るように努力する





Sponsored Links