アドリブスピーチトレーニング

目的
・即興で話せる力を身につける
・初対面の人とも会話できる力を養う
・スピーチや何人かの前でもアドリブで話せるスピーチ力を身につける

やり方
1、参加しているグループの誰かがアドリブスピーチのお題を決める(じゃんけんで勝った人、負けた人など)

お題の例
・小学生のころ考えていた夢
・休日の過ごし方
・私の将来の夢
・この1週間で一番楽しかった出来事(嬉しかった・感動した)
・この1週間でちょっとイラッとした出来事(ちょっと悲しかったこと)
・自分ってなんかついていないなと思ったとき
・もし宝くじで3億円が当たれば何をしたいか

2、1分間で順番にスピーチをしてもらう(慣れてくれば3分間スピーチに変える)

ポイント
・スピーチする人は、活き活きとした表情で話す
・通る声、明るく元気な声でスピーチする
・言葉に気持ちをのせて話すようにする
・リラックスして話せるように意識する
・聞く人は相手の顔を見て、適切なタイミングでうなずき、話を聞いていることがスピーチしている人に伝わるようにする
・スピーチが難しい場合は会話形式にする。この場合、メインで話す人、話を聞く人に分かれる。話を聞く人は話をする人が困ったときのみ質問し、あとは相づちを打ちながら話を聞く。



Sponsored Links